iPadどうよ?


自分の場合の使用用途を考えてみる。

まず家庭内で、ブラウザ兼フォトスタンドとして使う案。
リビングにMac(まあPCでも)ない家庭は、これが1枚あるだけで、とても便利になると思う。しかし我が家はリビングにMacProが鎮座ましますという環境。しかもリビングでの私の定位置はその前なので、特には必要がない。妻が使うときもあるが、その時はiPhoneで事足りるし、MacBookAirもあるので、特に必要はない。フォトスタンドとして使うのなら専用品が消費電力の面からも適当だろう。あとは寝室やトイレで使うというのも考えられないし、防水パックに入れてお風呂でというのも、なんか違うような気がする。

次に小型PCまたは大型PDAとしての用途。
ブラウザが動けばクラウドを使ってほとんどのことができるが、私の場合どうしてもIllustratorが動かないと困ることがある。またPDAとしてならiPhoneのほうが通勤電車を使う身としては使いやすい。

で結局使うとすればメディアブラウザとしてとなる。

仕事の上で持ち歩かなければならない本が大変重い。これを全部スキャンしてiPadに入れてしまえば、かなり便利であろうなとは思う。しかし本のスキャンとイニシャルコストを考えるとかなり微妙である。またその場で渡される資料などを取りこめたら便利なのだがカメラはついていない。iPadに書類を裏向けて置けばそのまま取り込んでくれるなんて機能は付かないでしょうかね?側面にスキャナセンサーがついているとか・・・あの値段ではちょっと無理なお願いですかね。

あとiBooksをぜひ日本でもお願いします。iTunesぐらい潤沢になれば必ず成功するでしょう。オーディオブックが売っているのですから、きっとできるはず。

 
タグ: , ,

NASに入っていたHDDがフォーマットできないとき

LS-Q1.0TL/1Dから取り外したハードディスクをMacProに内蔵し、ディスクユーティリティでフォーマットしようとしたら

ディスクの消去に失敗しました
ディスクの消去に失敗しました。エラー:
ファイルシステム・フォーマッタは処理に失敗しました。

と表示されてフォーマットできない。どうやらディスクのパーティションマップがマスター・ブート・レコード(MBR)方式の時に、HFS+フォーマットをしようとするとこの現象が発生する。

てなわけで、方式をGUIDパーティションテーブルに変更する方法をメモ。

ディスクユーティリティで

  1. ウィンドウ左のパネルから対象ディスクを選択する
  2. 右側で「パーティション」を選択
  3. 「ボリュームの方式」でパーティションを「1 パーティション」にする
  4. 各パーティションの情報を「Mac OS 拡張(ジャーナリング)」に設定する
  5. 「オプション」から「GUIDパーティションテーブル」を選択する
  6. 「適用」ボタンを押して、フォーマットを実行する。

これであとは好きに設定できるようになる。

エラーメッセージが不親切だと思うんだけどなあ。

 
タグ: , ,

ハードディスク死亡

昨日、MacProを立ち上げると、かなり嫌な音がする。

システムは、立ち上がったものの、ムービ保存用のディスクが、マウントされない。 ディスクユーティリティからも、SATAプロパティからも、姿が見えない。

物理的に破壊されたようです。合掌。

Time Machineのおかげで、データは無事。近頃、Time Machineがよくエラーを起こしていたのは、たぶんこのせいであろう。

と、いうわけで久しぶりに、秋葉原に出かける。

最初はムービ用にNASを導入しようかと思ったが、家庭用と銘打つものは、信頼性が低く、信頼性の高いものは、高価でやかましい。

結局、日立製500GBのベアドライブを購入。 これをメインドライブにする予定。

死んだHDには、Winのパーティションもあったので、Vistaも再インストールになる。 めんどくさいので、必要に迫られるまでほっておこう。

 
タグ: ,

Keynoteつかって講義

この間、島根県でちょっとしたワークショップと言うか講義をして来た。

本業ではないのだが、2時間ほどの講義をしなければいけなくなり、会場にお願いしてプロジェクターを用意してもらう事が決まったのが2週間前。

使い回しているものが有ればいいのだが、プロジェクターを使っての講義をするのは今回が初めて。
あ、一回だけ後輩の結婚式で小道具として使ったか

ともかく素材を集め、それに合わせた、話の内容を考えるのが一苦労。いや、割と苦労はしないのだが時間がかかる。

マシンはMacBook。そして、使うソフトを決めなければいけない。うちにはパワーポイントKeynoteも有る。

パワーポイントが良くなったという話を聞いていたのでちょっと起動してみる。標準のテーマを見てみる。
Keynoteを起動してみる。標準のテーマを見てみる。

続きを読む >>

 
タグ: ,

MacProのスリープ後に再起動 エピローグ

Mac Pro EFI Firmware Update 1.3のおかげで、どうやら直ったっぽい。

これで、書類を作りかけのままなぜか外出して、帰って来たら再起動・・・ガックリ・・・みたいなコンボが解消される。

これにて、一件落着。

 
タグ: ,

MacProのスリープ後に再起動 その5

ソフトウェアアップデートにMac Pro EFI Firmware Update 1.3 が登場。

このアップデートについてこのアップデートは、Mac Pro (Early 2008) コンピュータの安定性を向上するための修正が含まれています。

おお!なんとすばらしい響きでしょう!
ちょっと期待しながら、アップデート。
これでスリープ問題は解決すれば、 MacProには何の文句もありません。

 
タグ: ,

MacProのスリープ後に再起動 その4

なぜかここ一週間、すっかり正常に動作中。

何が悪かったのか、何がよかったのか、それともたまたまか、訳が分からん。

まあ正常なのは良いことだが。

ならし運転終了ということで<ナンジャソリャ

 
タグ: ,

MacProのスリープ後に再起動 その3

ディスカッションボードに新しい情報。

当方も購入当初から同様の現象が発生しており、SMCリセット/ PRAMクリア/再インストール等試しましたが改善していません。 その後、いろいろと試行錯誤した結果、メモリの空きがほとんど なくなるまで使用した後にスリープすると、再起動する現象が 発生することがわかりました。

道理でメモリを増設してからは現象が発現していません。

ただ、ついこないだSMCリセットとPRAMクリアのセットも試してみたので、それも関係あるかもしれないのですが。

メモリと言えばSafariが妙にメモリーを食います。仕様なのでしょうか?

 
タグ: ,

メモリー発注

なんだかんだ言っても2GBではVMwareとか動かすと、かつかつなのでメモリーを増設することにしました。

国内販売で買うとあまりにも割高なので、海外通販を利用しようと調べてみた。

どうやらメモリーアメリカというところが一番安く、送料も明確で、UPSサービスを利用していて荷物の追跡ができるという条件が整っている。

ウェブサイトを見てみるとあまりにも怪しい日本語のページまである。多分機械翻訳をそのまま使っているようです。

かえって英語の方が分かりやすかったりして・・・

手続きをすると送料のところにもJAPANの項目があるし、みんなここで頼んでいるのでしょうね。

注文してから1時間半後には、発送済みメールがきました。

やるなアメリカ人。着いたらまたレポートします。

 
タグ:

MacProのスリープ後に再起動 その2

出張が多くて、トラブルの検証がなかなかできない。とりあえず、まっさらのシステムでは2日連続で起動成功。

その後、実働しているシステムでは、やはり再起動が多い。

どうやらこのトラブルに悩まされている人は多いらしく、アップルのディスカッションボードでも話題になっている。

10.5.2がもうすぐ出るらしいが、それで治ってくれることを期待。

 
タグ: ,

Get Adobe Flash player