ダービーで負けた。

浦和0-1大宮

今年始めてR席での観戦。埼スタはピッチが近くていい。

審判が変人だと聞いていたが、聞きしに勝る暴れっぷり。先取点を取られたあとに、相手が10人になるという最悪のパターン。それでも完全にブロックを作った相手に対して、ペナルティエリアの中までは進入できるようにはなった。10人相手ということを割り引いても、去年よりは進歩している。薄紙を一枚一枚重ねてゆくような進歩なので、とても歯がゆいが、確かに進歩は見られる。

あとはフィニッシュだが、これは監督の力で何とか出来るものなのか素人にはよく分からない。今日は低い位置から見られたので、選手目線に近かった。景色はというとゴール前は敵と味方の人だかり。とにかく撃てと言う人がいるけど、イヤ無理だって。シュート精度というより人員整理が必要かと。この辺は監督の仕事のような気もするな。個人能力としてはトラップと決定機は丁寧に。ベルカンプはあんなに思いっきり蹴らなかったぞ。

サポータも大宮に対するリスペクトが足りなかったのは反省材料かと。リスポイゲーフラなんかはダービーの風物詩として別にいいと思う。(大宮サポは気分悪いと思いますが)しかし「大宮ごときに」という気持ちがスタジアムに蔓延していて、その雰囲気はプレーにも影響を与えたと思う。

大勝のあとのパフォーマンスの悪さ。ダービーの弱さ。自分が見に行くと負けるなど、データ的には負ける要素があったが、あれだけ攻めて負けるとがっくりだ。

でも、応援は続ける。負けるから応援しないなんてあり得ない。それならもう10年以上前にやめてるし。最初にオジェックが来たとき、前期3位になった。その時はこの思い出だけで一生頑張れるかも、と思ったぐらいだし。

基本サッカーを見に行くというのは、苦しみを皆で分けあうために行くと思っている。すると、たまに、そりゃあトンでもないくらいの、ご褒美が降り注ぐ。そのためにまた苦しむ、のくりかえし。

苦しみが深いほど悦びも大きい。それを信じて応援を続ける。それがレッズサポータのやめられないところだと思う。

 
タグ: ,

Jリーグ再開!

ワールドカップも終わり、やっと待ちに待ったJリーグの再開。

浦和レッズは再開戦は大阪でのアウェイ。その日はなぜか昼間に大阪で仕事が・・これは行くしかない。アウェイ席は気がついた時には売り切れていて、しょうがなくバックスタンドでの観戦になりました。

実は万博競技場へ行くのは初めて。京都サポの先輩のいうことにゃ、Jで1・2を争う酷いスタジアムだと。

仕事を終えて、一度ホテルに入り服を着替えて、万博競技場へ。

IMG_0531.JPG

天気は良好。今日は当日券も無い満員御礼。出店で佐世保バーガーとコーラを買って、腹ごしらえ。

IMG_0536.JPG

でスタジアムだが、確かにみすぼらしい。強豪チームなのにあれでは可哀そうだ。陸上トラックがあるのはまあ仕方がないにしても、スタンドの傾斜がゆるく、座席に座るといまいちよく見えない。なにより作りが古いし、屋根もどこにも無い。席も長いすタイプで、狭い。結局座席を離れてスタンド最上部で陣取って見ていました。

で、試合のほうはというと・・・もう悔しいので書きません。あれは無いよなあ・・・

今日は山田の日でした。

 
タグ: ,

今期 初埼玉スタジアム

浦和0-1磐田

ほとんどの土日に仕事が入っているので、なかなか観に行けなかった。

今日は天気もいい。しかし風が強いのと夕方になるときっと寒くなるはずなので下着はタイツに長袖と完全防備。冬用のコートも準備していざ埼スタへ。

IMG_0878

浦和美園駅を降り立ち、南広場まで歩くと、今日はワールドカップトロフィーの展示があるとのこと。ちょっと冷やかしに見てみるかと会場まで行ってみると、まだ展示セレモニーの前でした。まあ見なくていいやと戻ろうとすると、後ろは人垣が・・・会場の奥に入り込んでしまっていました。それほど見たくもなかったのに割と前のほうで見ることに。とりあえず写真だけ取っておきました。

IMG_0891

やっと席についたのは試合45分前。もう練習が終わりかけていました。

IMG_0900 IMG_0903

さて試合はと言うと、引いて守る磐田と攻める浦和、とまあ十数年前とは全く逆の構図。でも西に決められたのはあの頃と同じ・・・

今日はどこが悪かったのかと言うと、なかなか難しい。あれだけ引いた相手に一応惜しいところまでは持っていったわけで、昔のようにブロックの外側でパスを回すだけではなかったのはよくなったところです。あと一味足りないんだろうなあ。

守備に関しては、まああんなものではないのかな。1点はあげましょうと言うサッカーをしているわけだから、2点以上とらないのがいけない。つまりは先取点が必要と。でもポストやバーに嫌われました。

まあいいやな、次に切り替えていきましょう。

IMG_0920

 
タグ: ,

2009Jリーグ終了

浦和レッズエンブレム

浦和レッズは6位で終了。去年は7位だったので徐々に上げてゆけば5年後には優勝する予定。

とりあえず優勝した鹿島アントラーズはおめでとうございます。シーズン途中の失速があったとはいえ、総合的なチームの質は優勝に値するものでした。

川崎フロンターレの方々ゴメンナサイ。それにしても、こうもタイトルに縁がないのはちょっとかわいそう。

さてこれからはサッカーの話題は移籍とチャンピオンリーグに移ります。スカパーの契約もJリーグパックから、欧州サッカーパックにさっき変更しました。

 
タグ: ,

天皇杯も無くなった

松本2−0浦和

しかし負けるとは思わなかったけどね。ただ他の試合も見るとJリーグ勢は10チームがいなくなり、鹿島も1−0の辛勝と上と下との差がなくなっているのは事実のようだ。

J2・JFLならず地域リーグでも元日本代表をみる時代になってきたのは、いいことだと思う。ただその層の厚さがトップリーグに反映されていないのも事実。しばらくは混沌の時代が続くのか、それとも今の不景気が容赦なく皆をふるいにかけるのか?

 
タグ: ,

清水戦連敗

浦和0-1清水

連敗という現象だけ取り出すと、暗い気分になる。

しかし先取点を取られるまでは、決定期を何度も作っていたし、最終ラインも良く押し上げていて(欲を言えばもうちょっと押し上げればと思うが・・・)コンパクトな中で良くボールも回っていた。

ようするに点が入らなかったというのが、今日の試合の総括。

「今日は入らない日」が2連敗の後の試合で発動したわけです。

まあ今年は、残留さえしてくれればいいので、いろいろやってください。

 
タグ: ,

あ〜やっちまったな〜オイ

大分1-0浦和

連敗ストッパーの名に恥じない結果です。昔は京都サポにありがとうと言われ、今度は大分か・・・

それにしても九石では勝てないなあ。

まあ、今年は種まきの年。あまり優勝争いに絡んで勝利至上主義になると意味が無いので、あきらめがついてちょうどいいかと思っていたら、鹿島が引き分けてた。

悶々としてしまう日々が続くのでした。

 
タグ:

久々に勝てず

清水2-2浦和

今期の戦い方では、こういう取ったり取られたりの展開が多いと思っていたのだが、なぜか1-0のスコアだけ見るとイタリア人が喜ぶスコアが並んでいました。

両チームともハイプレス&サイド攻撃のチームですが、清水がサイドチェンジをして揺さぶりをかけるスタイルなのに対して、こっちはあくまでも同サイドに人数をかけて突破するタイプ。レベルは違うけど、ユーロの時のスペイン代表タイプですね。

この対戦はいわゆる「噛み合う」というやつなので、見応えのある試合でした。もうちょっとで勝てたのだけど、まあしょうがないかな。

 
タグ: ,

負けたけど

広島0ー1浦和
とりあえず負け惜しみでも書こう。
啓太君がやはりいまいち。抑えどころは見つけるものの、1歩遅いので、結局右往左往してしまう。この際1ボランチにして、バイタルエリアは啓太一人に責任を負わせた方が、躊躇なく動けるのは?

赤星君が入ってからの方が、落ち着いた。まあ、相手もリードしたから攻めがゆるくなったのもあるけど。

元気君はやはり只者ではない。ユースクラスだからあれだけ出来たのではないことを証明。直樹君も童顔のくせに激しいディフェンスでピンチを防ぐ。

後半リズムの早い展開になってからは、若手の方が慣れたプレイをしていた。やはり順応性が高いのかな。

なんにしろ、前に進んでいる感じはあります。負けたけれども手応えはあります。
なんせ去年のナビスコ杯の予選は負けて、しかも得るもの無しだったから。

 
タグ:

ホーム開幕戦VS FC東京

14:00からのキックオフ。日程の都合が付かず、羽田から直接、埼玉スタジアムへ行く。雨が降っているが、天気予報では14時頃にはやむと言ってたのに、浦和美園駅を出ると結構な雨。傘持ってこなかったし・・・

フードをかぶってスタジアムへ行き、今年度バージョンの戦闘服を購入。今回は鈴木啓太の13番。今期の戦いは啓太がキモになるはず。今年からマッチデーコインというものが出ていたので、それも購入。

席はメインアッパーの一番上の端と言う、ホームタウン予約で取ったとは思えない席。

今日のコレオグラフィは赤と白の二段。

img_0148

さて浦和レッズのサッカーは変わったのか?

Yes!!変わった!!!

去年までのサッカー2年分の、コンビネーションを見せてくれました。

サイドで数的不利になる事がなくなり、ボールが良く回るようになった。まだまだ危ういところも多いけれども、方向性は間違っていないはず。

スコアも3-1で快勝!

新しいスタイルで勝利を挙げたというのは、心理的にも大きいものがあるでしょう。

スタジアムを後にするサポーター達も、心なしか満足気。

いつしか雨も上がり、ふと空を見上げると雲間から差し込む日光。まるで皆の気持ちを絵にしたように。

神様も粋な祝福をしてくれるもんです。

 
タグ: ,

Get Adobe Flash player