北海道旅行2日目

心配していた次男は、ベッドから落ちることもなく、壁際に張り付いて寝ていました。これが逆なら落ちてるかも。

朝食をとり、もう一度お風呂に入って入港待ち。ここでDS
しながら歩いていた長男が足の親指を、何かに強打する事件発生。爪の付け根から出血。自業自得とは言え大事に至らなければいいですが。

入港は午後1時半。食事は予定していた、白老町の焼き肉屋でとることに。苫小牧から車で30分強。天野ファームと言うところで昼食。サーロインとか食べると白老牛の良さがわかるそうなのですが、昼からそういうわけにもいかず、普通に焼き肉にしました。
IMG_0577.JPG
で、やはり美味しい。変な癖がないいいお肉。付け合わせのピーマンやタマネギも大変美味しかった。いちおうタレは出ているのですが、途中から塩コショウに変更。結構量が合ったもの小2の次男も1人前完食。デザートのソフトクリームがまた美味しかった。ソフトクリームにはうるさいのですが、ここのはかなりの高得点です。

食事を終えて登別温泉へ。今回の宿は第一瀧本館。荷物を置いて、まずは地獄谷に観光へ。長男は足がやはり痛いらしく、びっこを引いて歩いてくる。大体が大げさな人間なので、どれくらい痛いのか計りかねる。さて病院に連れてゆくべきか?
IMG_1367
地獄谷は爆裂火口というやつで、地面が大幅にえぐられたようになっている。硫黄の匂いが濃く、あちこちから蒸気が上がっている。遊歩道が完備されていて、結構奥までゆくことが出来る。こういうところは火山性ガスでの事故があるので、あまり奥へ行けるところは知らないが、大丈夫なのかな。
宿に帰り、さっそく温泉へ。第一瀧本館はなかなかいい宿。温泉のバリエーションが多く、今回は、一泊しかしないのがとても残念。
そもそも登別温泉は9種類の温泉が出るそうで、美容の湯とか怪我の湯なんてのもある。長男はさっそく怪我の湯につかって、治療。直るかな?

食事はやはりバイキング。昼食が遅かったので、あまり食べられないのが残念。

食後に子供たちとプールへ行く。次男がいまスイミングスクールで平泳ぎをしているというので見てみると、なぜか水を掻くたびにプールのそこへと沈んでゆく。なんでだろう?

水が冷たいのであまり遊べず、退散。ちょうど中庭で郷土芸能の「熊舞」をしていたので、見に行く。獅子舞のような感じだ。
IMG_1380
部屋に帰る途中にお土産など物色。部屋に帰ったら子供たちは就寝。ロビーには無料無線LANがあるというので、メールやいろんなサイトをチェック。

さて明日はクマ牧場を見てから、富良野へゆきます。

 
タグ: ,

仕事納め

今年は遅くまでイベントがありました。子供たちががんばって、お父さんたちは困憊。お疲れさまです。

これで一週間はのどを酷使しなくてよいのです。ここでリフレッシュしなければ。

明日からスキー旅行。ちなみに今年は本厄でした。特に悪いことも起こらず終わるかどうかは、明日からの旅行にかかっています。久しぶりのスキーなので楽しみではありますが。

写真は仕事帰りのおぼろ月。Powershot S90にて。

IMG_0235.JPG

 
タグ: , , ,

猿ケ峡温泉

今年の夏は、まとまった休みが取れず、一泊旅行を2回で子供達には、お茶を濁すのである。

で、二度目は群馬県の猿ケ京温泉で、体験三昧。

一日目はガラスコップの絵付け。透明なグラスにシールを貼った後に、サンドブラストを使って、柄を残すと言うもの。

家族4人一個づつコップを作ってみました。

宿はシャトウ猿ケ峡。食事はいまいちでしたが、お風呂は広くて奇麗でした。あと値段がビジネスホテル並みでありがたい。部屋も広くてキッチンもありました。

 
タグ:

立山旅行2日目

今日はどうやら天気が良さそう。妻が雨女だが、今日はオレの勝ち!!

今日はお楽しみの「立山黒部アルペンルート」今回は黒部側から立山に抜けるルート。

バスで7:30頃出発して扇沢に8:30ごろ到着。

ここからトロリーバスで関電トンネルを通り、まずは黒部ダムへ向かう。

トロリーバスって初めて乗る。見るのも初めて。これは免許はバスの免許でしょうか、電車の免許でしょうか?

関電トンネルは「黒部の太陽」で有名な大町トンネル。途中青い発行標識で破砕帯の表示があるが、バスのスピードでは、ほんの数秒で通り過ぎてしまう。

黒部ダムはさすがの絶景。ただ集合時間の関係上、展望台に行けなかったのが心残り。

黒部ダム

ここでしか食べられない、木いちごソフトクリームを食べて、次はケーブルカーに乗って黒部平、そしてロープウェイに乗って、大観峰へ。

続きを読む >>

 
タグ: ,

立山旅行1日目

ツアーで黒部トロッコ電車と、立山アルペンルートを通る旅に出発。

って、いきなり遅刻しそうになりましたが、なんとか間に合ってまずは新幹線で、上田に出る。それからバスで宇奈月温泉まで出て、まずはトロッコ電車。

あいにくの雨。しかも、窓無いし。

黒部トロッコ電車

車内の観光アナウンステープは、室井滋の声。エメラルドブルーの川が、って言っているのだが、どう見ても乳白色。

黒部渓谷

こんなになるのは、珍しいそうで、運がいいのか悪いのか。

今回は鐘釣という駅で引き返す。その駅になにか見所があるわけではなく、帰りの手間を考えてということらしい。鐘釣で帰りの電車を、小1時間程待つ。周辺には万年雪が見られるところがあるとの言うので行ってみる。

鐘釣万年雪

かなりしょぼかった。天気のせいで、気持ちが下がってたからかもしれない。晴天下で見たら、感動するのだろうか?

帰りのトロッコ電車は寒さのせいもあり、かなり眠かった。

今日の観光はこれだけ。宿は白馬の「樅の木ホテル」

見た目はなかなかおしゃれ。夕食のバイキングはいまいち。肉料理多過ぎ。ちょっとお風呂が狭かったなあ。

 
タグ:

お水取りに行ってきた

一度観たいと思っていた、東大寺二月堂のお水取り。家族でいってきました。

12日の大たいまつが出る日は、さすがに子供連れでは見られないらしいので(2〜3万の人出らしい!!)小さい奴で雰囲気だけでもと。

お水取り

儀式が始まる前は、照明が少し落とされるけれど、安全の為か結構周りが明るい。真っ暗な昔はさぞ、幻想的だったろうなと思った。

三脚を立てるスペースは無いだろうと思って、持ってこなかったけれど、結果的には十分スペースがあった、残念。手持ち撮影だと、流石に歩留まりが悪い。

しかし不思議な儀式だなあ。これ見ると、ぜひ大たいまつが出る日も行ってみたくなった。

 
タグ: ,

レイトン教授と最後の時間旅行


Warning: number_format() expects parameter 1 to be double, object given in /home/users/1/ciao.jp-dragonsky/web/blog/wp-content/plugins/AmazonLink/AmazonLink.php on line 432

まあ,いってみれば頭の体操ゲーム版なんですが。こんなのが好きなので、買っちゃいますね。

今回の謎は結構手応えがあるように思うのは、年とって劣化したからか?とちょっと心配になりました。

今新幹線の中で黙々と解いています。今のところ一つ解けない問題がある。ああ・・。

いま、答えがあるのに解けない問題がある、という幸せを噛み締めています。

 
タグ:

夏休み旅行3日目

朝からあいにく雨。

予約していたジャガイモ掘りは雨天中止かと思いきや、決行。

なかなかいいジャガイモがたくさん採れました。

雨が降ると一気に出来ることが少なくなる。ラジコンコーナーや卓球で暇つぶし。

少し雨がやんだので、コイ釣りの池へ。いかにも釣れなそうだったが、撒き餌を巻きまくり、それに乗じて3匹つり上げる。もちろん食べられる訳はなく、放流。

宿をチェックアウトしたあとは、浄土平を見物。吾妻小富士の火口一周をしようかと思ったが、ガスが出て来て視界が悪いので中止。福島側におりて、帰宅しました。

今回の旅行はいまいち山場に欠けたような気がします。子どもたちはまあ気に入っていたようなのでいいのですがね。

 
タグ:

夏休み旅行2日目

さて本格的に遊ぶ2日目。

まずは隣接するアスレチックランドへ。

長男はこういうとき、ヘタレなので時間がかかる。次男はいろんなところを、ひょいひょい昇ってゆく。

しばらくして、長男に泣きが入ったので、移動。

そののち、そり遊び。パットゴルフをして、昼食。

午後はメインのプールへ。次男がようやく浮き輪なしで、泳げるようになり、嬉しい限り。

夜は工作教室で長男は、赤ベコに絵付。

ん?なんか書いているな。

長男曰く「赤くてペコペコしてるから、赤ペコじゃないの?』

 
タグ:

夏休み旅行

今年は猪苗代湖畔へゆく。
お宿はリステル猪苗代。
宿に着いたのが14時頃なので、まずは散策。
子どもたちがめざとく見つけたのが、トランポリン。
子どものうちは、跳ねてるだけで嬉しいんだからありがたいことだ。
ひとしきり跳ねたあとは、ゴーカート。
次男は残念ながら、規定の年齢に達しないので、長男が運転。助手席に次男。

長男のかなり危なっかしい運転に、次男は大喜び。長男はかなりビビっていました。
その後は散策だけにとどめて、本格的に遊ぶのは明日から。
夕食のバイキングでは、相変わらず長男が飛ばしていました。

 
タグ:

Get Adobe Flash player