サマーウォーズ鑑賞

DVDレンタルにて鑑賞。

まったく情報を知らずに見られたのは幸運だった。この情報過多時代に何でかなと、自分でも思ったが、まあそういうことは、あるのである。

で、ぼくたちのなつやすみ、みたいな話しだとばかり思っていたら、ネット世界での戦争だったのね。攻殻機動隊やデジモンを思い出しました。

しかしワラワラと絵が動くなあ。というのが第一印象。ネット世界のアバターだけではなく、大家族の食事シーンも必ず誰かが動いている。おかげでDVDでは力不足。モスキートノイズなどがひどくて、大画面ではいまいち。これはBlu-Rayで見なければ。

筋は荒唐無稽もいいところだが、おもちゃ箱をひっくり返したような状態から始まって、最後にはきちっと大団円。そこまで立板に水の勢いで持ってくる構成力は見事。見終わってしばらくしてから、あれは変だよなとかいろいろ思うけれども、まあ演出と見ればいいのでしょう。これがまかり通って何とかなるのがアニメという媒体のいいところでしょうし、監督の持ち味でしょう。

とにかくBlu-Rayで見直さなくてはと思い、購入も考えたが、Blu-Ray版はおまけてんこ盛りで価格が高い。そのうちおまけナシのBlu-Ray版が出るのでしょうか?

一応アマゾンリンク貼るけど、ちょっと高いよなあ。

[amazon asin=”B002M3UEP4″ /]

 
タグ: , ,

映画鑑賞:アバター

g138a_avatar

「アバター」すごいぞ、という話が出ているので観たいなとは思っていたのですが、3Dの上映方式が4種類ぐらいある。どれが良いかと聞くとネット上でも「何が何でもIMAX!!」伊集院光のポッドキャストでも「IMAXシアターで見なきゃ意味ねえよ」な発言をうけIMAXシアターを探してみると、日本に4館しかないし!

川崎・菖蒲・箕面・名古屋ときたもんだ。うちから一番近いのは菖蒲。それで161分の映画を観たら半日がかりになってしまう。こりゃ近場で我慢するかと思っていたら、エアポケットのように今日1日完全オフ。これは行けという神様のおぼしめしでしょう(無神論者です)2日前にネットで席を予約すると、中央やや前というベストポジションの席も取れました。

続きを読む >>

 
タグ:

どこにもない!!

ヱヴァンゲリオン新劇場版・破は音楽がすばらしい。というかイメージがどうしてもヱヴァになってしまう曲が、また増えてしまった。妻もベートーベンの「第九」とかヘンデルの「オラトリオ」(ハ〜レルヤってやつ)を聞くとなんかヱヴァを思い出すっていってたけど、同感です。これもトラウマっていうんでしょうか?

庵野監督も映像の中で音楽が占める割合は、半分以上みたいなことを言っていた。今回は特にキューブリックっぽい使い方で、いろんな意味でたまりません。

これはサントラを買わなくてはと思い立ち、仕事場最寄りの駅の新星堂、隣の駅のHMV、その隣の駅のTSUTAYAまで行ったのに、すべて売り切れ。

同じことを思ってた、人間が多かったようです。 ああ、残念。

おとなしく、amazonで頼もうっと。

[amazon asin=”B0027IZLK2″][/amazon]

 
タグ:

エヴァ見てきた

エヴァ破パンフ

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

いきなり字幕を読まされてびっくり!!

大筋はTV版と変わらないけれども、そこを変えたら(替えたら?)どうなるの?!の連続。

使徒のデザインや動きなんかが、もう夢に出そうなくらい。

兎に角、見るべし。TV版を持っている人は、24話ぐらいまでチェックしておきましょう。そして、出来るだけ情報を仕入れずに見るのがおすすめ。

いままでエヴァ関連で随分DVDやグッズを買ったけれども、きっとその一部があのすばらしい映像に組み込まれていると思うと、ちょっとしたパトロンになった気分です。

 
タグ:

ミスト

iPhone用に取り込んでおいた映画が、溜まっているので福山まで新幹線行くときに見ようとしたが、結局見られたのは一本だけ。

その1本と言うのが「ミスト」

久しぶりに後味の悪い映画を見てしまいました。

続きを読む >>

 
タグ: ,

ウォーリー見てきた

奝然のせがみにあい、忙しい時期、渋々見に行った。妻は家事がはかどらないので、次男も連れて行けとの達しがあったが、次男がどうしても行きたくないというので、置いてゆく。

西暦2700年の荒廃した地球と広大な宇宙を舞台に、独りぼっちで地球に残された“地球型ゴミ処理ロボット

こんなあらすじを聞いただけで、泣いてしまいそうだが、むりやりお涙頂戴にはなっていないので、最後まで安定して楽しめた。

相変わらずPIXARは、無機物に感情をのせるが上手いな。ウォーリィの起動音がMacと同じなのは笑った。シナリオも少しせっかちな面はあるが、子供にも見せる映画なので、2時間にまとめたと考えれば上質な話である。

あの、動きを見るだけでも、見る価値はあると思う。スタッフロールに添えられた映像も意味深で面白い。

 
タグ:

崖の上のポニョ

一部では、枯れてしまったという評価のある、宮崎駿監督の新作。
今回の作品は方向性で行くと、トトロ方面。

人魚姫をモチーフとした話なので、結局は魚が人間になってめでたしめでたしという話ではある。もちろんそこに行き着くまで、紆余曲折がある。

その紆余曲折の部分だが、あまり考えすぎずに見た方が良いようだ。

いろいろ、伏線や謎はちりばめられているが、基本的に投げっぱなしなので、深く考えていると、最後にはがっかりか、もやもやが残る。

つまり、宮崎さんは童話を作ったのだ。
なのでそういうことを気にしないで、感じるままに見る映画だと思った。

宮崎さん、近頃は、考えて、観るタイプの映画を作っていたので、今回もそうなのかと思っていたので、映画が楽しめなかった。

スレテしまった人間には、あわない映画なのかもしれない。

しかし、動く絵を描かせたら一級品なのは、たしか。

水の動き、船や車の挙動などは、実際には(物理的に)はあり得ない動きなのに、心理的にはあり得る、と言うかしっくり来る。見ているだけでドキドキする。
もう一回この絵の質で、冒険活劇を作ってくれないかなあ。 

声優(というか素人のしゃべり)は最低ランクの出来なので困る。誰かがしゃべると、すごく冷めてしまう。

声優を使いたくないなら、外人を使って日本語字幕版を作ってください。

 
タグ:

映画観てきた

観てきたのは「インディジョーンズ」。役者も監督も年をとった分、落ち着いたし劣化した。というのが感想。「ザ・マジックアワー」にすればよかったかな。

閑話休題

映画を観ると、スポット映像が流れますが 「崖の上のポニョ」が面白そう。手書き(風?)アニメを見るとほっとするのは年ですか?
その他は「カンフーパンダ」とか「ハンナプトラ」とか、妙にコントラストの高い映像ばかりなのでそう思ったのかも(でも「ハンナプトラ」はいつものごとく、バカっぽくていいかも)

宮崎アニメにはここ何年も裏切られているので、今度こそは!!・・・

声優はいつも通りでしたo( _ _ )o ショボーン

 
タグ:

綾波のフィルムは15万らしい

ちなみにうちのはこれ。

eva_film.jpg

ポジトロンライフルの1射目。ミサトさんの「やったか!!」の瞬間

電球に透かしても、よく分からなったので、初めてスキャナのフィルムスキャン機能を使いました。

妻は「売れ!!」と言っていますが、どんなもんでしょう。

 
タグ:

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 鑑賞

PS3の性能の高さに満足。プレーヤーとして買っても安いのではないか?

それはともかくヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

映画館でみているのだが、まあ買わないわけにはいかないだろうということで購入。

TV版と映画番をあわせた10枚組のDVD-BOXまで持っているのだから、買わなければ画竜点睛を欠くとはこのこと。

それにいい映画を作ってもらうためには、お金が必要だろうと言うことで、寄付の精神も。

なんか言い訳ばかりだが・・・

購入したのは特装版。2枚組で1枚が本編。もうひとつは特典映像と、字幕入りの本編。

音は劇場版ということでちょっと低音が強すぎるかな。サラウンドの感じは自然。TV版のDVD-BOXのほうが、なかなかにあざとい感じで個人的には好み。発令所のシーンなんかでは声が後ろからガンガン聞こえるのがちょっとすき。

映像は自然。デジタルアニメ独特の妙にエッジの効いた画像になっていない。人によっては、画質が甘いと思うかもしれないが、そのおかげで人物の肌がきれい。(まあうちは未だにブラウン管なのでそのせいかも)とくに綾波が美しい。キャラのディティールも貞本さんのタッチに似ていて、好み。いろんな意味で綾波ファンは、絶対買いでしょう。
しかし昨日見直したTV版の1・2話のクオリティは今みても極上。

声優陣は安定。ミサトさんがちょっと落ち着いた声質になっているけど、とくに問題なし。

2枚目の本編だが字幕入りといっても、よくあるDVDメニューで入/切できるタイプのものではなく、庵野さん独特の太明朝体のテロップが、何かというと出てくる。登場人物・階級・兵器名・地名などなど。映画を見た人はこっちから見ても可。

改めてみて、またテロップみてわかったこと、ちらほら。ネタバレかもしれないのでこのことは、追記に書く

しかし映画を見たときにも思ったが、一見さんお断りの作り方だよなあ。
まあでも、そういうものの方が、売れないけれども満足度は高く、逆によく売れるものは、満足度が低い場合が多い。

次作はいつだろう。是非いいものを!!

続きを読む >>

 
タグ:

Get Adobe Flash player