時間封鎖

時間封鎖〈上〉 (創元SF文庫) 時間封鎖〈下〉 (創元SF文庫)

久しぶりにハードSFを読んだ。

ある日、地球が黒い幕で覆われ宇宙と遮断される。そして地球での時間だけ1億分の1の進みになるという設定。

ヒューゴ賞をとるだけあってなかなか面白かったです。

テラフォーミングの話とかSFとしての面白みもあるが、重心をおいているのは人間模様。

地球で1日経つと宇宙では27万年経つわけで、そのうち太陽が膨張して地球が飲み込まれてしまうと予想される。

緩やかな絶望を突きつけられた人間を描く話は、近いところでは伊坂幸太郎の「終末のフール」などあるが、こちらの方が読みごたえがある。

ただ最後はちょっと、物足りない。幕を作った張本人も現れないし、と思ったら三部作の予定らしい。すでに二部の「無限記憶」は出版されているらしい。

早く文庫化してください。

 
この投稿にタグはありません。

傷物語

帯に書いてある通り、作者の趣味が思いっきり反映されている。(趣味とは書いてなかったっけ?)

最強の女子、羽川翼!何たってこれにつきる。

時系列上、前作のヴァルハラコンビが出てこないので、色気は無いかなと思っていたら、トンでもありませんでした。委員長ごめんなさい。あなたをみくびっていました。

なんったて、頭空っぽにして読めるので、息抜きには最高の本です。

前作です

  

 
この投稿にタグはありません。

砂漠


Warning: number_format() expects parameter 1 to be double, object given in /home/users/1/ciao.jp-dragonsky/web/blog/wp-content/plugins/AmazonLink/AmazonLink.php on line 432

伊坂幸太郎作品

今回は著者の地元「仙台」で繰り広げられる、青春の1ページ。

東西南北が集まって、春夏秋冬の物語を繰り広げる。つまり麻雀の物語(ちがうって)

いつものことながら登場する、軸のぶれない(本当にいたら絶対迷惑な)人間たち。何気なく存在する超常現象。ショッキングな事件も起るけれど、根底に流れるポジティブな雰囲気。

どこを切っても伊坂幸太郎。

はじめて伊坂幸太郎を読む人に薦めたい本です

蛇足 最後はグロリアではなかったのですね。(よく間違えられるし)

 
タグ:

容疑者xの献身


Warning: number_format() expects parameter 1 to be double, object given in /home/users/1/ciao.jp-dragonsky/web/blog/wp-content/plugins/AmazonLink/AmazonLink.php on line 432

東野圭吾さんはあまり読まないのですが、この本は評判が良かったので読んでみました。

いやいや、これはなかなか良く出来ています。

ガリレオシリーズでは、それはちょっとねえ…というようなトリックばかりで、すっかり読む気をなくしてしまったのですが、今回は正統派。

分量・内容などバランスがよく、万人が楽しめる推理小説ですね。

本書にも「天才」と呼ばれる人が登場しますが、森博嗣さんの本に出てくる「天才」に比べれば、普通の人なので、思考が置いてゆかれることがなく安心して読めます。

 
タグ:

ZOKUDAM


Warning: number_format() expects parameter 1 to be double, object given in /home/users/1/ciao.jp-dragonsky/web/blog/wp-content/plugins/AmazonLink/AmazonLink.php on line 432

森博嗣さん作のロボットもの。

よくある、ロボットの操縦を通してパイロットが成長してゆくという話。
しかし、ここで勘違いしては行けないのは、ロボット格闘ものではないこと。 
ガンダムとかそんな物ではないので、そちらの向きを希望の方は失望すること請け合い。 

あまりにおちゃらけていて。
あまりに現実的で。
あまりに有りそうにない話で。
しかし心理的にはよくある話。

思想的に出来上がっている物を、実際に作ると、理想とどんどん乖離してくるのは世の常です。

でも、そんな悲壮な現実を最後はさわやかにまとめあげていて、読了感は近頃の読書の中では、最高です。

ちょっと元気になりました。

 
タグ:

「クリスマス緊急指令」と「毒草師」

今日は、京都往復だったので(しゃれではない)家を出るときに、買いっぱなしで読んでいない本の山から、適当に2冊選んで持って来たら2冊とも、高田崇史さんの本でした。

「クリスマス緊急指令」は短編集。「毒草師」はQEDシリーズの番外編。

続けて読むと、作者のベースになる思想が如実に浮かび上がって、面白かった。

では、一冊ずつ紹介。

何で今頃クリスマス?買ったのが、多分クリスマスの頃だったのではないかな?発行日が11/7だから。
内容は別にクリスマスに関係させるような話はない。事件が起ったのがクリスマス頃だという話。 聖夜ってのは特別な事がおこるのさっ、ていう本。
この辺は商業主義が働いたのではないと邪推。
たしかに、クリスマスという日は何か特別な感じがして、日頃はリアリストな自分でも「今夜ぐらいは奇跡が起きるかも」と思う事もある。
子供の頃からの教育のせいもあるだろうし、町を歩くと人々も何となく浮かれている、その雰囲気に当てられるのかもしれない。
だからこの本は、クリスマス頃に読むのをおすすめします。 今頃の春の陽気で読むと、何となく空気感がちぐはぐになります。
「オルゴールの恋歌」が一番よかったかな。

ハードカバーだったのが、新書判で発売されたので購入。ハードカバー買うと、本棚が足りないのだ・・・
御名形史紋が探偵役。桑原崇とキャラかぶり過ぎなのを再確認。
QEDシリーズ本編で出て来た時は、似て非なる人たちだったのが、単独で出てくると、区別がつかない。
俺だけか?
本文の「御名形史紋」を「桑原崇」に置換しても問題が出ないように思うよ。
まあ、そこはそれ。近頃の高田崇史さんの本は、「隠された日本史」みたいになって、ミステリーとしてはどうかなってのはあるのですが、古典知識を仕入れるには読みやすい本です。新説の部分は割り引いて読んどけば、古典の世界を会話調で説明してくれるので、ありがたい。
本人まだまだ語り足らないようなので、ネタが尽きるまで頑張ってほしいと思います。
 
タグ:

と学会年鑑AQUA

恒例の新刊です。

しかし、世にとんでもの種は尽きまじですね。

毎年毎年よくこれだけ、不思議な本が出てくるものです。

ダビンチ・コードならぬ、ヒロシゲ・コードには笑ってしまった。

 
この投稿にタグはありません。

イナイ×イナイ


イナイ×イナイ(森 博嗣)

森博嗣氏の新シリーズ。今回はXシリーズと呼称するそうです。多分繰り返し言葉の間に挟まれているバッテンの事を言っているのでしょう…とりあえず。(予断を許さない)
Gシリーズはどうなったのかというと、まだ途中。Gシリーズの間にこのXシリーズを挟むのは予定通りだそうです。

気になっていたのはこのシリーズの時代設定。西之園先生が出てきて、CDも携帯電話もあるので……つまりそうですよね?内容は横溝正史っぽいところがあったので、昭和30年代かと疑いそうです。

真鍋君は芸大生かあ。某大学の海月君とお話すると面白そうですが、接点はあるでしょうか?

 
タグ:

鋼の錬金術師


鋼の錬金術師 15(荒川 弘)

イシュバール殲滅戦の話で構成された巻です。
なんだかんだとグロ系の話になってきましたが、この辺で読み続ける人と、もう読まなくなる人に別れてきそうです。

自分は面白くなってきたと感じるほうです。ただ風呂敷を広げすぎて最後に「なんじゃこりゃ」とならないことを祈ります。

 
この投稿にタグはありません。

霊能者って何?ってかたに


原田実の日本霊能史講座

「霊能者を縦糸に、日本史を読み解く」というキャッチコピーがついていますが、カジュアルな日本の宗教史の解説本だと思えばOK。

卑弥呼から始まり宜保愛子まで、宗教というのは時代のニーズにあったものが現れるのだなあ、と思わされました。

読んでみて初めて気がついたのが、霊を見る能力を持つ人というのは、日本に写真が伝わってから(正確に言えば心霊写真)登場したということ。

言われてみればそれまでは、取りついて言葉を発するとか、執心している人にだけ現れることばかりですね。
江原さんなんかは、新しいタイプなのですね。

 
タグ:

Get Adobe Flash player